フリーゲーム制作サイト。

 

   トップ   インデックス   ゲーム   素材   漫画   過去の日記   メール   リンク

前へ / 次へ

2021年7月31日(土)
『おしえて!ラズワルドくん』

オープニングBGM
《ズン♪ズンズン♪ズンドコ☆ミミック♪》
ラズ
「本日も『おしえて!ラズワルドくん』の
コーナーがやってきました。
良い天気だね」
レスト
「会話がいきなり
天気デッキって大丈夫か?」
ラズ
「喋ることが何も無いんだ…」
レスト
「トークコーナーの司会やめたら?
次回から可愛い女の子を呼ぶから
お前もう来なくていいよ」
ラズ
「え?
俺に性転換の魔法を使ってほしいって?
仕方ないなぁ」
レスト
「お前が女の子になるよりも
俺が女の子になったほうが絶対に可愛いが?」
ラズ
「じゃあレストお兄さんを
レストお姉さんにしてあげるね」
レスト
「は?
イヤに決まってんだろ」
ラズ
「この人
めんどくせぇ~」


レストさんはカード派ですか現金派ですか?
親友ともめてすぐにでも答えが欲しいです。
気になって夜も眠れず何事も手がつかず会社もクビになりました。
ご飯も食べられず死にそうです。
全身がかゆい、 内臓が揺れている。
吐き気とめまいがとまりません。
お願いします教えてください。

レスト
「いきなり重すぎるおたよりが来たんだが」
ラズ
「このおたよりが届いたのは7月24日…。
そして今日の日付は7月31日…。
もう手遅れだよ」
レスト
「このおたよりの人に
黙祷を捧げよう。成仏しろよ」
ラズ
「悲しい事件だったね…」
レスト
「ちなみに俺は現金派です。
カードは知らない間に
使いすぎることがあって怖い」
ラズ
「俺はカード派だよ。
高い買い物をすることも多いし」
レスト
「すっげぇ金持ちっぽい答えが返ってきて
猛烈にイライラしてきた」
ラズ
「我は魔王ぞ?
金持ちに決まってんだろ」
レスト
「うっわぁムカつくぅ…。
5000兆Gだけで良いから
俺にお金を分けてください」
ラズ
「厚かましいなぁ…。
缶ジュースくらいなら
おごってあげるよ」
レスト
「やったぜ。
炭酸ジュース飲みたい!」
ラズ
「5000兆Gとか言ってたのに
これで普通に満足するんだ?」


ミミック教信者の奇人、翡翠です!
考え込んでしまい短いものになりましたが、
小説を書かせていただきました(もちろんラズレスでs)
ラズレス最高((
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15643270


レスト
「ミミック教信者という肩書きだけで
信頼できるおたよりだ」
ラズ
「BL小説だけど
レストお兄さん大丈夫なの?」
レスト
「ミミック教信者に書いてもらった小説なら
俺はどんなものでも受け入れよう。
それが教祖の役目…」
ラズ
「レストお兄さんが訳の分からないことを
言っているけど、小説ありがとうございます。
URLに飛んだら、タイトルがいきなり直球で肉を吹いた」
レスト
「そんなものを吹くな」
ラズ
「二日酔いのレストお兄さんの介護を
ちゃんとやってあげる俺って優しいよね」
レスト
「小説内の俺は、二日酔いで苦しんでいるところに
肉臭いヤツがやってきて吐いたと思う」
ラズ
「『俺のことを介抱してくれるラズ様やさしい!
好き!抱いて!』って言ってたけど?」
レスト
「小説に書かれていないことを
でっちあげるんじゃない」
ラズ
「知らないの?
小説は行間を読むものなんだよ」
レスト
「行間を読む前にちゃんと本文を読もうぜ?」
ラズ
「『男2人、××しないと出られない部屋』の
ストーリーと絡めてあって良かったね!」
レスト
「お前はいくつ
××しないと出られない部屋を
作る気なの…」
ラズ
「いずれ魔王城の全ての部屋を
××しないと出られない部屋にすることが
俺の野望です」
レスト
「この魔王、はやく滅ぼさなきゃ」
ラズ
「お?戦うのか?
それじゃあベッドに来いよ」
レスト
「お前はベッドで何の戦いをする気なの?」
ラズ
「そりゃあ、ナニを…」
レスト
「えー、それでは小説を書いていただき
ありがとうございました!
これでこの話はおしまい!」
ラズ
「この小説はミミック教会の図書室に
並べておこう」
レスト
「ミミック教徒のみんなが
BLに染まっちゃう」
ラズ
「良いことじゃん」
レスト
「良いことなのか…?」


モフモフになれる薬ってないですか?
これがあれば、幼女の方から近づいて来るはず!

ラズ
「通報しました」
レスト
「お前、BLには優しいのに
ロリコンには厳しいじゃん」
ラズ
「魔王として犯罪は見逃せない」
レスト
「魔王ってもっと治安が悪い
存在じゃなかったっけ?」
ラズ
「俺は品行方正な魔王だけど?」
レスト
「魔王とは一体…」


ラスワルドさんにお聞きしたいのですが、
ロリコンや露出狂などを見つけた場合の
通報先はどこになるでしょうか?

ラズ
「魔王軍に連絡してくれれば
先鋭たちが出動します」
レスト
「過剰戦力じゃん」
ラズ
「ロリコンも露出狂も犯罪だからね。
絶対に滅ぼさなきゃ」
レスト
「お前も変態のくせに
やたらと当たりが強いじゃん。
同族嫌悪か?」
ラズ
「俺はちょっと
下半身を露出させる程度だから」
レスト
「通報しました」


にゃーん?

ラズ
「にゃーん」
レスト
「こ、コイツ、
猫語を理解して…!?」
ラズ
「まったく分からない」
レスト
「分からないのかよ」
ラズ
「とりあえず、おたよりには
適当に返事しておこうぜ。
にゃーん」
レスト
「にゃーん」


レストさんに確認ですが、
調合時や料理時に髪の毛が落ちるのを防ぐために
パンツを頭に装備していますか?

レスト
「どうしてそうなった?」
ラズ
「パンツは頭装備だったのか。
どうりで下半身に馴染まないと思っていたぜ」
レスト
「それはお前が変態だから
馴染まないだけだよ」
ラズ
「レストお兄さんはどうして
パンツを下半身に身に着けているの?」
レスト
「まるで俺がおかしいみたいな
言い方をするな」
ラズ
「パンツを下半身に身に着けるだなんて
絶対におかしいよ!!」
レスト
「通報しました」
ラズ
「さっきも通報されたばかり
なんだけどな…!?」
レスト
「魔王軍の先鋭たちも泣いてるよ」


おたよりってなんだっけ....

ラズ
「ついにその疑問を持ってしまったか…」
レスト
「もしかして、
俺たちに送られてくるおたよりは
おかしかったのか」
ラズ
「薄々そんな気はしていたよ」
レスト
「最初からずっと、この状態で
おたよりコーナーをやっていたから
違和感に気づかなかった」
ラズ
「でもね、おたよりに正しい形だなんて
ないんだよ。みんなちがって、みんないい」
レスト
「ちょっといい話っぽく
まとめようとするな」
ラズ
「それに、普通のおたよりを
あまり拾ってこなかった俺たちにも責任はある」
レスト
「どうしても埋もれちゃうんだよな…。
普通のおたより…」
ラズ
「普通のおたより枠は
クロムお兄さんに期待しておこう」
レスト
「来週のトークコーナーは
『つれづれティータイム』だね」
ラズ
「ゲストはみるくシリーズから
神木さんを呼ぶって言ってたよ」
レスト
「またマニアックな」
ラズ
「神木さんは紅茶関係の
出演作があるからね」
レスト
「紅茶かぁ…。
俺もたまには飲んでみるかな。
ロングアイランド・アイスティー」
ラズ
「それ、紅茶じゃなくて
めっちゃ度数が高いお酒じゃん」
レスト
「若い子たちはロングアイランド・アイスティーの
名前と飲みやすさに騙されないように
気をつけるんだよ」
ラズ
「さてはレストお兄さん、
失敗したことがあるな…?」
レスト
「いつも二日酔いになっている時点で
失敗ばかりだよ」
ラズ
「ダメだこの勇者」
レスト
「さて、そろそろ『おしえて!ラズワルドくん』も
終了の時間だし、酒でも飲みに行こうぜ!」
ラズ
「レストお兄さんは
もっと学習しなよ…」
レスト
「本日もたくさんのおたより
ありがとうございました!
みんなは俺みたいな大人になっちゃダメだぞっ☆」
ラズ
「ありがとうございました~。
また次回もよろしくね!」


2021年7月23日(金)
『ミミカツラジオ』


オープニングBGM
《もふもふ ふんもっふ ふっわふわふわ ふぉっぐ
わんわんぱんちだ~ ふんもふもっふ ふぉっぐ
騎士団のマスコットさ♪ 突っ込みが 的確で 鋭いぞ~ 
彼女ほしい~~ モテた~い~オオカミさ~♪》
フォッグ
「オープニングBGMが
謎の新曲になってる!?」
レスト
「皆さん、ごきげんよう。
本日もミミカツラジオの時間が
やってまいりました」
クロム
「オープニングBGMは
おたよりとしてご投函いただきました
フォッグの歌です」
フォッグ
「なんでそんなものが
投函されてくるんだよ」
レスト
「いや~、名曲だね。
ありがとうございます」
クロム
「心に染み入りますね。
しみじみ~」
フォッグ
「そういう曲ではないだろ!?
お前はどこにしみじみしてんだ」
クロム
「彼女ほしい~~ 
モテた~い~オオカミさ~♪
ってあたりですかね」
フォッグ
「しみじみっつーか、
完全に哀れんでんじゃねぇかよ…!」
レスト
「ちなみに、曲は修正版を
掲載してるけど、1回目に送ってもらったほうも
良かったから紹介するね」


ちゃらら らららら~ ずんどどどっこ ふぉっぐ
わんわんぱんちだ~♪ ずんどどどっこ ふぉっぐ
騎士団のマスコットさ♪ 突っ込みが 的確で 鋭いぞ~ 
彼女ほしい~~ モテた~い~オオカミさ~♪

フォッグ
「えぇ…
そこを修正したんだ…」
クロム
「細かいところまでこだわる
職人魂を感じますね!」
レスト
「修正前は愉快な感じで、
修正後は童謡みたいな雰囲気だね!」
クロム
「勿体ないので、修正前を1番の歌詞、
修正後を2番の歌詞にしましょう」
フォッグ
「どうでもいいよ、もう…」
レスト
「歌があったらPVも欲しくなるねぇ」
クロム
「そうそう、PVと言えば
先日フリーゲームCMコレクションという企画に
勇者つれづれ旅日記で参加したんですよね!」
フォッグ
「ああ、レストとラズが
なんかCM用の収録をやってたな」
レスト
「つれづれ旅日記、
今んとこラズの出番はほとんど無いのに
全力でネタバレしてきちゃったよ」
フォッグ
「冒頭でいきなり『魔王です』って
言っちゃってるじゃねぇか」
レスト
「アイツ、バカだよねー。
もうちょっと魔王を隠せよ」
クロム
「というかレストさん、
また収録中にお酒を飲んでいたんですか?」
フォッグ
「前のミミカツラジオの時も
フィオナのインタビューの時に
飲んでたじゃねぇか」
レスト
「俺の出番じゃないし
良いかなって」
クロム
「そういう問題じゃありません」
フォッグ
「今回は視聴者数も多かったっていうのに
よくやるよ、まったく…」
レスト
「CM用の動画撮影の仕事が来たときは
どうしようって思ったけどね。
まぁ、いつも通りにやれたんじゃないかな」
フォッグ
「いつも通りすぎるから
問題なんだって」
クロム
「フリーゲームCMコレクションは
いろんなフリーゲームのPVを見れて
楽しい配信なので、ぜひ皆さんもご覧になってくださいね」
レスト
「リアルタイム視聴できなくても
youtubeでアーカイブが見れるよ~」
フォッグ
「勇者つれづれ旅日記は
前半の20番目だな」
レスト
「参加数の多さヤバかったよね。
めちゃくちゃ集まって早めに応募打ち切りになったのに
それでも68作品だって」
クロム
「フリーゲームのお祭りって感じの規模ですねぇ」
レスト
「しまった!
CMで盆踊りを踊ってくるべきだったか」
フォッグ
「お前はゲームの紹介CMを
なんだと思っているんだ?」
レスト
「俺たちには『ミミック音頭』がある!」
フォッグ
「見てる人たちみんなポカーンとするだろ」
クロム
「ミミック音頭を踊るのは
僕たちの配信のほうでやりましょうね」
フォッグ
「やらねぇぞ!?」


レスト教祖!みみりんとの子供が生まれました!!!
性別はオスです!名前はみみとにしようかなと
思っているのですがどうですかね?
教祖にも名前を考えてほしいです!

レスト
「前回のミミカツラジオで
ミミックのみみりんと結婚した人から
近況報告が届いたよ」
フォッグ
「子ども生まれるの早くね?」
レスト
「でき婚だったんだろ」
フォッグ
「ミミックとでき婚…」
クロム
「出産お祝いは
何がいいですかね?」
フォッグ
「お前はすぐに
お祝いを送ろうとするな?」
レスト
「それで、名前ねぇ…。
みみとくんで良いと思うけど、
他に案はある?」
クロム
「美々兵衛!」
フォッグ
「渋いな!?
いつの時代だよ!
もっと現代っぽい名前にしてやろうぜ?」
レスト
「宝石箱と書いておうじ」
フォッグ
「キラキラネームにしろとは言ってねぇんだよ」
レスト
「じゃあ、ミミックと近い響きで
ミッキー…」
フォッグ
「それ以上はいけない」
クロム
「なんだか夢の国に居そうな
感じになりましたね?」
フォッグ
「やっぱり、みみとにしておこうぜ。
部外者のオレ達が考えた名前より
両親が考えた名前のほうがいいよ」
レスト
「フォッグにも何か案を出してほしかったな~」
フォッグ
「さんざんツッコミしておいてなんだけど、
オレもネーミングセンスねぇんだよ…」


僕の考察によると、
実はフォッグが真のラスボスなんだよね!

レスト
「な、なんだってー!?」
フォッグ
「いやいやいや」
クロム
「フォッグ…、やっぱり…」
フォッグ
「やっぱりってなんだよ!?」
レスト
「まさかこんなところで
勇者つれづれ旅日記のネタバレが
出てしまうだなんて」
フォッグ
「違うだろ!?
オレはごくごく普通の魔物だが!?」
クロム
「最終的に闇堕ちして
ラスボスになるんですよね?」
フォッグ
「オレにどんな悲劇が
待ち受けてるっていうんだよ…!」
レスト
「黒い羽が生えて
ダークネスフォッグになるんだろ?」
フォッグ
「中二病みたいな呼び方すんな!
羽なんて生えねぇから!!」
クロム
「代わりにラズが仲間に
入ってくれるんですかね?」
レスト
「回復役が居ないと困るからね。
メタ的に考えると、そういう展開になるだろうさ」
フォッグ
「も、もしかして、
『勇者レスト冒険譚』のエンディングで
オレが不在だった理由って…」
レスト
「さようなら、フォッグ。
君のことは忘れない」
クロム
「惜しい方を亡くしましたね…」
フォッグ
「や、やめろぉ!!
オレは絶対に裏切ったりしないからな!?」
レスト
「でも闇堕ちしちゃうし…」
フォッグ
「そうなる前にお前等が助けてくれよ!!」
クロム
「未来は変えられる。
そういうことですね」
レスト
「未来を変えるために
俺たちはやってきたんだ」
フォッグ
「タイムリープ物の主人公みたいなこと
言い出した!?」
レスト
「どうも、未来のレスト(30代後半)です」
フォッグ
「おじさんになってる…」
クロム
「今の年齢が20代後半なので
未来からやってきたって設定だと
ちょっとツラいものがありますね」
レスト
「どう頑張ってもボーイミーツガールには
なれない」
フォッグ
「世知辛ぇ…」


フォッグママ クロムくん レストパパ

レスト
「俺はパパだった…?」
フォッグ
「お前と夫婦だなんてイヤだよ」
レスト
「離婚しようか」
クロム
「お父さん!お母さん!
喧嘩するのはやめて!」
フォッグ
「親権はレストにやるぞ」
レスト
「いや、フォッグが親権とりなよ」
クロム
「家庭内に居場所がない。
不良になります」
フォッグ
「不良になったクロム、
ちょっと見てみたいな」
クロム
「悪い子なので夜更かしして
本を読みます」
レスト
「不良どころか優等生じゃん」
クロム
「あ、あれっ…?」
フォッグ
「やはりクロムに不良はムリだったか…」
クロム
「そ、そんなことありません!
不良座りしながらシガレットチョコを食べちゃう!
もぐもぐ」
フォッグ
「シガレットチョコ…」
レスト
「タバコ吸えよ」
クロム
「先輩に1回貰ったことがあるんですけど、
すっごいむせたので無理です」
レスト
「クロムにタバコを渡した先輩って誰?
ふざけてるじゃん。ちょっとシメてくるわ」
クロム
「タバコ吸えよってレストさんも言ったのに!?」
レスト
「タバコ吸ってるクロムなんて
解釈違いなんだよ!!」
クロム
「えぇぇ…」
フォッグ
「レストは吸っていても違和感ねぇけどな」
レスト
「吸ったことはあるけど、むせちゃって…」
フォッグ
「お前もかよ」
クロム
「レストさんもシガレットチョコにしましょう?」
レスト
「チョコうめぇー」



フォッグ
「名前だけのおたより流行ってんのか?」
レスト
「それは分からないけど
面白かったので掲載しました」
クロム
「これって、VTuberさん界隈とかで
よく見るファンマークっぽい雰囲気ありません?」
フォッグ
「なんだそれ」
レスト
「たとえば俺のファンだったとしたら、
ツイッターの名前の横にって絵文字を
つけるっていう文化だよ」
フォッグ
「自分の名前の横にそんな
金が好きそうな絵文字は付けたくねぇー」
レスト
「お金はみんな大好きだろぉ!?
俺は大好きだよ!!」
クロム
「フォッグはオオカミの絵文字で
分かりやすくて良いですよね」
レスト
「なんで犬じゃねぇの?」
フォッグ
「オオカミだからだよ!」
レスト
「クロムだけ絵文字じゃなくて(`・ω・´)なの
めちゃめちゃ面白い」
クロム
「キリッ(`・ω・´)」
レスト
「可愛いじゃん」
フォッグ
「今までの話の流れからいくと、
クロムのファンは名前の横に(`・ω・´)を
付けるってことに…?」
クロム
「レストさん、
僕のファンだったんですか?」
レスト
「1週間くらいはこの顔文字を
名前の横に付けといてあげるよ」
クロム
「じゃあ僕も名前の横に
1週間だけ付けておきますね」
フォッグ
「お前ら仲良しかよ」
レスト
「あっ、ごめん、
フォッグのことを仲間外れに…」
フォッグ
「積極的に仲間外れにしておいてくれ」
レスト
「拗ねんなって。
(`・ω・´)の横にオオカミの絵文字も
つけといてやるから」
フォッグ
「言っとくけど、
オレは何もつけねぇからな?」
クロム
「孤高のオオカミさんですね」
レスト
「くだらねぇ馴れ合いには
興味ないぜってことか。ひゅー!
かっけぇー!」
フォッグ
「やめろぉ!煽るな!!」
クロム
「ファンマーク、
ラズだとお肉の絵文字っぽいですよね」
レスト
「あー、分かる。
俺は絶対につけてやらねぇけどな」
フォッグ
「ラズのやつ、アカウント見たら
もう肉との絵文字を名前の横につけてたぞ」
レスト
「ちょっとカップリングっぽく
絵文字を配置してくるじゃん…。キモ。
ブロックしよ」
レスト
「普通のおたよりもある程度
読んだので、次は川柳のコーナーです!」
クロム
「視聴者の方々からご投函いただいた
川柳を紹介していきます」
フォッグ
「この謎コーナー、
続いたのか…」
レスト
「みんな創作意欲に燃えてるってことだね。
夏休みの自由研究は得意だったタイプ?」
フォッグ
「自由研究で川柳は聞かないなぁ…」
クロム
「読書感想文ならありますけどね」
レスト
「川柳と近いものがある」
フォッグ
「文学ってところしか
あってねぇよ」


エリックの 頭にキュアを かけてくれ

レスト
「エリックのナルシスト病について
詠んだ句だね」
クロム
「あれって病気なんですか?」
フォッグ
「重い病だよ…。
現代の医療じゃ治すこともできない」
クロム
「そんな…。
どうにか、どうにかならないんですか!?」
フォッグ
「奇跡でも起こって
自然治癒するのを願うしか…」
レスト
「治る確率は1%くらいだけどね…」
クロム
「恐ろしい病ですね…。
この句にあるように、キュアをかけたら
治らないんですか?」
レスト
「キュアは一時的な対処法だね。
1日3回のキュアが必要だ」
クロム
「毎日キュアを!?
身近に回復魔法の使い手が居ないと
どうしようも無いじゃないですか」
フォッグ
「エリックの場合だと
身近にローザが居るな」
レスト
「つれづれ旅日記では
まだ仲間になってないけどね」
クロム
「つれづれ旅日記の更新を待ちましょう…。
今の僕たちには、祈ることしかできない」
フォッグ
「オレ達は無力だ…」


ツッコミが 鋭いアイツ だれだっけ

レスト
「俺のこと呼んだ?」
クロム
「レストさんじゃなくて
僕のことでしょう?」
フォッグ
「ボケ2人組がなに言ってんだ!?
オレだろ!!」
レスト
「でも俺もツッコミすること結構あるよ。
ラズ相手のときとか」
クロム
「そういえば確かに、
すごい辛辣なツッコミしてますよね」
フォッグ
「あれ…?
オレじゃなくレストの事だった…?」
レスト
「やーい、フォッグくんたら
自意識過剰~。ぷぷっ」
フォッグ
「うっ、恥ずかしくなってきた」
クロム
「まぁ、普通に考えて
フォッグのことを詠んだ句だと思いますけどね」
レスト
「それな」
フォッグ
「なんだよ、もう!!」


薬草を 拾った場所が 下水道 

レスト
「ああ、こんな臭くて汚れた薬草
使いたくねぇなぁ…という痛切な気持ちが
こもった一句だね」
フォッグ
「嬉々として拾ってたのは
お前じゃねぇか」
レスト
「薬草に貴賤はない」
クロム
「帰ってから洗って加工する場合は
まだ良いですけど、その場で食べなきゃ
いけないときは最悪じゃありません?」
レスト
「薬草に貴賤はある」
フォッグ
「掌返しが酷い」
クロム
「おててクルックルじゃないですか」
レスト
「クルックルワイパーレストって呼んで」
フォッグ
「それはもはや掌返し関係ねぇし、
掃除が得意なやつの呼び名なんだよ」
レスト
「は?
自慢じゃないが、掃除は苦手だが?」
フォッグ
「本当にまったくもって自慢じゃない」
クロム
「そろそろ宿屋が散らかってきたので
明日にでも片付けしましょうね」
レスト
「ひぇぇ…」


レストさん 魔王に突かれ 二度孕む

#レストさんは妊娠する
#レストさんの胸から母乳が出る


レスト
「今回1番ヤバかったで賞に輝いた一句です。
かなりの下ネタだし、さすがに掲載ダメだろって思ったけど
ハッシュタグまで付いていて面白かったので載せました」
フォッグ
「インスタみたいなハッシュタグの付け方だ…」
レスト
「この句の居場所はインスタだなんて
オシャレな場所じゃない。
死屍累々の魔境ツイッターだよ」
クロム
「ツイッターってそんな怖い場所なんですか?」
レスト
「そうだよ(適当)」
フォッグ
「ここまでの下ネタを普通に掲載する
このサイトも十分怖い場所のような気がするけどな…」
レスト
「インターネット界隈には
怖い場所が沢山あるんだよ。
勉強になったね」
クロム
「それでレストさん、
この句の内容については
触れないんですか?」
レスト
「公式の俺は妊娠しないし母乳も出ないけど
二次創作では好きにしたら良いんじゃないですかね」
フォッグ
「お前、二児の母にされてるぞ」
レスト
「二次創作では好きにしたら良いんじゃないですかね」
フォッグ
「あくまで
そのスタンスを貫くんだな…」
クロム
「レストさんも大変ですね~」
レスト
「他人事みたいに言うんじゃない!
クロムにも下ネタおたよりが届く呪いをかけてやる!」
クロム
「ほ、本当に効きそうだから
やめてください!」
フォッグ
「下ネタ担当は『おしえて!ラズワルドくん』だろ。
このラジオまで下ネタに染まったらオレは逃げるぞ」
レスト
「絶対に逃がさないぞ。
俺たち、一蓮托生の仲間だろ?」
フォッグ
「パーティー脱退します…」
クロム
「ま、まさか、このパーティー脱退が
フォッグラスボスの伏線…?」
レスト
「ここから闇堕ちが始まるというのか!?」
フォッグ
「くそぉ!
逃げても逃げなくても、
結局ネタにされまくるんじゃねぇか!!」
レスト
「そうだよ。
だから、これからもミミカツラジオ
一緒にがんばろうね!」
フォッグ
「働きたくない」
クロム
「フォッグがレストさんみたいなこと
言い出しちゃった」
レスト
「そろそろ良い時間だし、
今日のミミカツラジオは終了ということで…」
クロム
「レストさんも働きたくないんですね」
レスト
「では、今回もたくさんのおたより
ありがとうございました!
また次回お会いしましょう!」
フォッグ
「お前は来週の
『おしえて!ラズワルドくん』にも
出演するよな」
レスト
「ひぇっ、下ネタの巣窟コーナーじゃん…」
フォッグ
「他人の不幸で
飯がうまい」
レスト
「こ、コイツ、
完全に闇堕ちしやがった…!」
クロム
「次のミミカツラジオまでに
綺麗なフォッグに戻っていたら良いですねぇ…」
レスト
「いや、別に普段も
綺麗では無かったような」
フォッグ
「劇場版フォッグをお楽しみに!」
レスト
「ウソの予告をするな」
クロム
「ここまでご閲覧いただき
ありがとうございました~!
また劇場版で!」
レスト
「だから無いって。
ああもう、フォッグがツッコミ放棄しちゃったから
俺がやるハメになってんじゃん!!」